●GOOD MORNING TOKYO / EAST NIPPON EXPRESSWAY

Img_d0274d9f37420d44a9833d9b6740905f
時刻は午前5時、携帯電話のアラーム音で目を覚ます。そそくさと準備をすませ、旅の荷物をギュウギュウに詰め込んだ車へと飛び乗る。
成田までは1時間と少しかかる計算。さすがに早朝である。辺りはまだ薄暗い。首都高は意外と空いている。空港へと向かう高架道走行中、
乱立する背の高い近代ビル群、いわゆるコンクリートジャングルってヤツが窓の外を足早に流れていく。どこまでもつづく近代的な高層
ビル群の街並を眺めていると、東京っていう街の巨大さに改めて感嘆する気持ちとともに畏怖の念さえ少し感じる。
東京を抜け、なおも走り続けると、辺りは次第に道路を照らす街頭のオレンジ一色に染まった世界になっていく。周りはぼんやり薄暗い。
色のない殺風景な景色がつづき、その場には走行中の僕の車と先の見えない延々と伸びる高速道路しかいない。
耳に入るのはロードノイズとラジオから流れるFM音楽のみ。都心を車で1時間ほど離れると、こうも変わっていく。
ウマくは言えないけど、この喧噪と静寂の対比するカンジ、なんだか僕は好き。