Img_ab6e590a5c785b7b886292ba8e6eecb5
Montmartre, at Quick Humberger
Img_27f52ccf8925a4ddeb80e13390bfb9e7
Nice, Inside Tram
Img_ec619f43cf002ff0c6f590968d9a5f5a
Nice, Inside Tram
Img_66e41d3b28cca2c0ba3627431a6bfcae
Monaco, at Place d'Armes
Img_0b1a3d4f729a30a7f6d0342a9afc6373
Paris, at Cité des enfants
Img_68bc14d681dcc53e7fe28d204e2eca61
Paris, at Jardin du Luxembourg
先日、フランスから帰国しました。FBページでもアップしていましたが、パリからニース、エズ、モナコ、ニースとまわり、またパリに戻るという旅程でした。たくさんの刺激に出逢える旅となりましたが、渡航前にFBページでもお話しした通り、テーマが『子供と楽しむフランス旅行』だったので、その訪れた土地土地ではたくさんの子供たちを目にする機会に出会いました。そして、その中でも特にビビッときた子供たちを親御さんにお願いして撮影させてもらったりしました。各々素敵な個性を持っていて、各家庭のストーリーに想い馳せ眺めていると、もっともっとたくさんの子供たちや人々を旅をしながら撮り歩いてみたいなーという衝動が湧いてきます。これを見ているあなた、誰かそんな仕事くださいませー。(笑)旅写真もたくさん撮ったので整理ができたらアップしていきたいなーと思います。。。。が、インドの写真もまだ整理ついてないのでいつになるのやら、とっても未定です(;´Д`)
今回の旅は、うちのチビと四六時中共に行動し、今までで一番長い時間手を繋いで歩き通した8日間となりました。インドから帰ってきてからというもの、日中から夜中までずっと働き通しだったので、あんまりチビの相手もできずにいました。なので今回の旅で一番良かったことは、チビと向き合って長い時間一緒にいる時間をつくれたことかなーと思います。この旅行中、とても長い時間手を繋いでいたので、旅行中のその小さく優しい手の感触は今もふんわり残っています。会話もたくさんできるようになったし、ひとりで急な階段もたくさん登れるようになったし、色々と思考能力もついて、成長したなーと思う場面も多々見受けられました。この旅に感謝。
Img_dd23c2f86c84f7e5720b467944edc485
Img_cd523ca7e495aed26ed3d125a11bcc63
Img_386d5f5fecac0649143b4acc3cba20ea
Img_0058a78134fe2889a24ecf6685907106
Img_bd7aaf14d0d9b14ef75834f14171b7ac
Img_7b8f52ae6c8b25766c7a102df9a896eb
Img_bc39a7211cef7afbf670de001de4a0e2
Img_a6be7fbbcfb0ed0281f33b2bbe1339c3
Img_25f8c7aa61384e54b36972c266fe9f50
ギャラリー・ラファイエット、ステンドグラスのクーポール(円形天井)。
Img_be9b8c076c4cdbde4669eb1da20b068b
Img_91c72cb5d426ee41bed75c45a1153d2e
Img_f8befd95280e6e17c99e7bba6b5ab61e
Img_4c5443cf457698b5c68609d7c5497e86
パリ6区、フランスを代表する子供服『BONPOINT』とその地下にあるBIOレストラン、BENTO(弁当)スタイルの『NANASHI』へ足を運ぶ。その後もテクテクテクテク。辺りも暗くなっていく。


■ NANASHI
住所:6 rue de Tournon 75006 Paris

■ Bonpoint
Img_81054ecf8a89c7e39a7693e2dfaf0d19
高速道路からの車窓の風景。工事現場もどこかヨーロピアン。
Img_b230c49ae76b7cd7035d2cc3fbfdb356
Img_960dda0c461eb056556a5a32ce4b94a8
古き良き街並と、洗練されたフォルムの次世代型車の姿が、景観として馴染んでいる気がします。
Img_452b6b0cc63a96ef554c08d6313f3db3
パリにある歌劇場、バスティーユ・オペラ座を横から望む。
Img_7928b25252fa6492e685afa5dcc347ba
Img_cb2bd501afed6d3f848a936d3c2a0d24
ルーブル美術館、トライアングルからパワーをいただくのです。
Img_3a51793760eeeffacd7a6a10566e1883
ルーブル内部、パンフレットを持って、はしゃぐチビさん。
Img_1933690ffa125f9fb35781076c122ab6
Img_73cfd50988d001ebd4da5724355b0b76
一番奥に日本語。『違いを愛する』と。深いです。
Img_054d5f35c90a4436515cab44b6e67a84
Img_6e6f200d3446b09c1bdec485aef82f71
Img_6f98fb68064ef259c502b72007b8f90a
Img_5d057bc172aa6e28c13f694eafd25631
Img_40a3c81b34f782652041e960f539ca0c
Img_fbb5caba591fd224af96a280dd077b08
肩からカメラをぶら下げて、目に飛び込む風景全てに刺激されシャッターを切っていきます。レンズ自体が小さいので重さもそこそこ軽くてラクチンです。sigmaのレンズを付けていた頃は重くて距離を歩くと肩が痛かったのでこれは大きな飛躍です。街歩きはこの組み合わせで。帰ってからよく写真の中の光景をのぞくと様々な発見があってなかなか面白いです。