Img_87f8f1af3a167f2291711f802644a48d
■ハロウィンイベントで子供と楽しむ仮装撮影ワークショップ

先日、遊びで撮った息子のぶら下がるコウモリバットマンの写真をインスタグラムにて投稿しましたところ、いつもの投稿より皆さまにポジティブで喜んでいただけてるんだなーという感じの反応が返ってきました。
スタジオ設立当初の想い通り、あぁ、写真は人を楽しい気持ちにさせて、愉快でポジティブな気持ちに向かわせることができるのだなーと再確認させてもらったところでもあります。

そしてインターネットが発達した今の現在だからこその広がりがあって、
どこかで誰かが喜んで、誰かがどこかで楽しんで、その時日本中にはたくさんの笑顔が広がっているんだと想像をめぐらすとこんなに楽しいことはありません。


ふと思いました。これ、撮影してる側、その現場もとっても楽しいのです。
笑顔に満たされる空間とでもいうんでしょうか。自分の子供なのでなおさらなのですが、それはとっても優しい空間です。


その時ビビビビビときました。

このブログやFB、インスタグラムを見ていただいている皆様にも、もっとその感覚を一緒に味わっていただけるとしたらどんな感じになるんだろうなー、と。


その投稿ではちょうど息子の格好がバットマンだったのですが、ちょうどよいタイミングで、もういくつ寝るとハロウィンというひとつのイベントがあります。

『トリック オア トリート( Trick or Treat)』でございます。

そこで今回はハロウィンというイベントを通して楽しい時間をお子様と一緒に共有していただきたいとの思いから、『ハロウィンイベントで子供と楽しむ仮装撮影ワークショップ』を行いたいなーと勝手に考えています。

お子様の面白い仮装やポーズという普段とは違った、見る人が誰でもほっこりニッコリ楽しく嬉しくなるようなとんでもない写真を残せたらいいなーと漠然と考えています。ハロウィンという特別なイベントだからこそ日常の垣根を越えて、非日常を感じ無条件に皆がニコニコできる空間になればと思います。


最初ワークショップの料金を決めるとき、通常撮影料の5分の1ほどにしようかなと思って、参加料はお一人様¥2000でラルティーグでの撮影を行ったことがある方は¥1000ぐらいにしようかな、とか考えていたのですが、このスタジオを設立した理由と当初の想いを思い出しました。こんな言い方するのも恐れ多いのですが今回のワークショップの目的は社会貢献です。だったら料金までもらってなんて、そんなのやる意味あんのかなーと悩みました。なので今回は純粋に楽しんでほしいとの思いを尊重し、今回は無料でいいやーとの結論に至りました。

1年半前このスタジオを設立した理由と当初の想い(ステートメント・志し)を尊重した結果となります。

■子供との楽しい未来を考える
Homepage_lartigue

-------------------------
当スタジオの目的はあなたとお子様との楽しい思い出づくりの一端を担うことです。
親と子と一緒になって楽しめるというのが一番の目的です。
写真はその親と子の心と心をぐっと近づけるためのコミュニケーションの手段に過ぎません。
第一に楽しむこと。第二に写真です。
大切なのは子供と何かを一緒に楽しむこと、共有すること、笑顔になることです。
まだ見ぬ皆様と、カメラを使い、楽しい時間を共有できることを楽しみにしています。
-------------------------


自分ができる事と出来る範囲で人に喜んでもらえることに出会え、カメラを手にとって、このスタジオを設立し、今回設立から1年半とかかりましたが、ようやくそんな風にめちゃくちゃ微力ではありますが社会貢献というものに近いものができるところまで辿り着いたんだなと考えるとしみじみほっこりします。(とは言っても全然たいしたことはできていないのでとても恐縮ですが、自分の人生の中ではとても嬉しい進歩なのです。)
やっと自分の番が来たのだと思うと嬉しくてたまりません。

なんでそんなことしたいの?と言われてもはっきりと説明できません。
ただ、先日あったトークライブに足を運んだとき高橋歩さんが言ったような感じと一緒で、「とにかくそれをやりたい!」と、ビビビビときたのです。とにかくやってみたいという気持ちだけです。
きっかけは先ほどお話したインスタグラムです。
自分のやりたいことをすべてやるにはあまりにも人生は短すぎます。なので、やらないことはやらない。だけど、とにかくワクワクと胸が高鳴ることはとりあえずやってみたい、と思います。


僕も今までいつも多くのひとに助けられ、笑顔をもらい、励まされ、力をいただいてきました。

理屈ではなく、なんだか喜んでもらいたい、笑っていただきたい。笑顔になっていただきたい。
僕のインスタやブログ、FBなどを見て、喜んでくれる人がいたり、メッセージやメールをくれる皆様の温かい励ましなど、たくさんの方に励まされて今の場所に立っているのだと思うと、本当に本当に微力なのではありますが、ようやく恩返しというか恩送りというか、できるぐらいにはなったのかなと思います。このブログを昔から見ていただいている方にはこの気持ちご理解いただけるのではないかと思います。


さて、とはいってもフリーダムでアウトローなワークショップになっても大変なので、一応条件くらい決めさせていただきたいと思います。
まずこの趣旨をご理解していただける方のみ限定のワークショップとさせていただきます。(と言ってもご理解いただければ、ゆるいご理解でも大丈夫です)
そして、ご参加可能なお子様は仮装されてるお子様のみとします。(なるべくがっつりした楽しい仮装が希望です)
また、この日はお子様を叱るのは禁止とさせていただきます。
この日ばかりは子供たちには無邪気に楽しい気持ちでお布団に入って、むにゃむにゃ楽しい夢に入ってもらえたらなーと思います。
あくまでもお子様と楽しむことを目的としたにっこりほっこりなワークショップです。楽しむことが第一で写真は二の次です。

どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

そして最後に、料金をいただかない代わりに、ハロウィンということもあるのでコンビニでもスーパーでも何でもいいので、参加者のだれかを想い、何かお菓子を一品買って持ち寄っていただくスタイルとさせていただきます。チョコでもクッキーでもガムでもジュースでも何でも良いです。金額も問いません。参加者の皆さんで楽しめるもの。できれば他の誰かを想いながらのペイフォワードの恩送り的なものを真似て皆さんで感じてみたいなと思います。


予定の日にちは現在10月27日(月)15:30-20:00ぐらいを考えています。場所や細かい事は今から考えて詰めていきたいと思っています。

世の中をなんだか楽しくほっこりさせてくれる面白い仮装など、たくさんの参加希望お待ちしてまーす!
定員はとりあえず設定いたしません。参加希望の方はホームページメールフォーム、FBメッセージ、インスタメッセージなど何でも構いません。お名前とお子様の年齢、仮装予定のキャラなど記入していただければ幸いです。
詳細など追ってこちらからまた折り返しご連絡させていただきます!



それでは概要です。

----------------------
【 ハロウィンイベントで子供と楽しむ仮装撮影ワークショップ 】
●日時:10月27日(月) 15:30-20:00
ご参加される方はこの範囲の中でご都合良い時間にてご参加できます。撮影順は到着順です。
●定員:なし
●料金:なし(何かお菓子)
●データ:撮影させてもらったお写真の中からとびきりの一枚をjpgデータに変換して携帯またはメールアドレスにお送りいたします。
-----------------------

もちろんワークショプ中の携帯電話でのお写真は自由です。



ある人は言いました、
『人は自分のことを直接愛せない。そのように出来ていると思う。私達の心は、誰かに優しくした時に、なぜか優しさに満たされる。誰かを心から愛した時に愛で満たされる。他人に愛情を注ぐことによって自分の心が満たされる生き物。それが人間。誰が考えたのか知らないが本当に良くできた仕組みだと思う。』


まさにペイフォワードです。
そんな空間がたくさん広がることを願って。
とりあえず撮影させていただいた皆さんの写真の力で、その日だけでも、さらなる笑顔が日本中に広がることを願っています!感謝!


こんな長くて面倒くさい文を最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございます!
主旨をご理解してくださる方々のご参加、心よりお持ちしております!
ではではどうぞよろしくお願いしますー!
Img_1c7b033da9d04d87bc3111761ec01692
Img_852de4bccc658d2560e9d560423f19a9
Img_797b5f0eaa3f496d87e4cbe58b252138
Img_99c782e1e38cb5016f342a9a2e5edec6
Img_03872abbca7aed5a07c7a87c95d02fff
Img_4d010a7efc1e7252f526255896f954e3
Img_f3f8f3444bc836e0111ab30a3f1344a0
翌朝、次の街バラナシへ行くため空港へ向かう。
Img_c57d7724010e155cf812d4383c8ed37c
Img_f3cf2bda9254f1d0072ca22030b7712e
一日目は夜中にデリーに着いたので気づかなかったのですが、デリー宿泊先ホテルのすぐ裏は結構な人の賑わいがあって、歩行者天国的ストリートになっていました。顔の濃い人たちの人混みをかき分け進んでいくのもなかなか面白い経験です。旅中、色々なものを目にして様々なことを考え、自分なりに色々と思いめぐらすのですが、その思考の咀嚼によってまた新しい価値観や考え方が自分の中に生まれてくる気がします。考える力って大事だなーと感じながら、次の言葉の真意が少しずつ身に染みます。

『発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことなのだ。/Marcel Proust』


何かを経験し、何かを感じ、また新たな目を持つことで、今まで見てきた世界とはまた違った世界が自分の前に顔を出します。なので人生ってやつはとても面白いのです。次回は今回のテーマの闇の方であるガンジス川のある聖地バラナシ編をお届けします。
Img_b4f3e4dbaab9693ed11dd083ce8eee7c
Img_432eb1aa5fdaa545932b2e360c1ec697
Img_44668e221fca496377713c2782a076c8
Img_577c477b391fccfb481af531f7f0e741
Img_3cb83ba79aace1fa4ebb5bcf50060cca
Img_f5e402f211556b74541436cf35c00303
Img_b4f9f7ced322ac9947fe3e95b04d4078
Img_bc17ebf1905fd913932a10c9cd07637c
Img_b3fb52df1cc7b9b5de66f11922f7bf4b
Img_2ddc1621e37075b4d35afc7f905a67a5
Img_1379fef0985f4ed02ee45b4bd79ea956
デリー発AM10:30分の飛行機に乗って、AM11:45分バラナシ空港に降り立った。ジョドプール同様、思いのほか小さな空港である。空港のゲートを抜け外に出ると、たくさんの黒い人だかりがひしめきあっていて、僕たちはそのすぐ横を通り抜けていく。
おそらく多くは客引きで、中には小さな子供までいた。日本ではまず目にしない光景なので、その人の多さと異様な雰囲気に一瞬ひるむところではあるがそのままスタスタ進んでいく。
到着後、デリーにて手配しておいた現地人ガイドと共に車に乗り込みバラナシ中心部へ向かう。窓の外には通りにある建物以外には何もない荒涼とした風景が通り過ぎていく。
デリーで頼んでおいたバラナシでの空港送迎の車だが、日本語の上手なガイドが迎えにくると聞いていたのだが、来たガイドはまったく日本が使えない。不審に思い名前を聞くと、あらかじめデリーで聞いていたガイドの名前とも違っていた。荒れ果てた窓の外をのぞきながら、ほんとにこの人?大丈夫かなぁ、と急に不安になった。が、どこへ連れていかれようが僕たちにはわからない。
Img_3ce94595cc6f23eef5ecc563e56a0d80
Img_395bff134f50ac9adda20d96deda5e38
Img_2c9990a33ca57e12bb533694139c41e3
Img_5b956c1b2aa4137d52314ddc34e3d25e
Img_b987779c3dc0a8de29f3f86721a800f6
Img_9e575ea066a5f52a703396ba8fee9a97
今年もこの時期になると少しずつ七五三撮影シーズンに入ってきています。ラルティーグでも今年もたくさんのご予約をいただいています。すでに撮影させていただいたお客様も何組様かいらっしゃるのですが、七五三撮影をした後にご家族様でカジュアル撮影をするといった流れが最近特に多いかなーと思います。なので、たくさんの写真も残せますし、ラルティーグでは七五三撮影でもカジュアルな服装を一緒に持って来られることをオススメしています。ではでは今年も皆様のご来店心よりお待ちしています。
Img_2f508ff44479dbf4adf58048fd6c6a3d
猿の王国。
Img_495e1d40b3e391ae96ff68c1206efa45
Img_40e5dce120a99e3fd34dc0fba543dede
Img_dd74c91be37d345e9237fb2379271f50
Img_80019298a5da3bf153b28be716432ab8
Img_c00cd29cb7a5f4dd8a07373a058afa03
Img_f9c86313d362e56fdcfbeaa8ba01a1b1
Img_088ff6203464bbcf51279a3f0d5a6200
Img_08407d9738d48ade62c8c7162cd0b04e
Img_46573843041f921577f9283383437c8f
Img_7b96644347a68b45c3c838241beef1a9
ストリートヘアサロン。イスが傾いていても気にしないのがインド流でしょうか。
Img_c24633b6668f1c8b93b7df9468a6e884
不安をよそに、車は無事バラナシ滞在ホテルへと到着。早速wifiは使えるかとフロントに尋ねると猿がケーブルをかじって復旧にはもう少し時間がかかると教えてくれた。思いもよらない答えである。ビバ・インド。その後、ホテルの前で早速猿に遭遇して納得。冗談でもなんでもなくて、ほんとにたくさんいるようです、猿。そそくさとチェックインを済ませ荷物を部屋に置きチェ—ンロックで括ると、友人と2人で周囲の散策に繰り出した。
初めて見るバラナシの街は、埃っぽくて汚いというイメージが先行する。また、異文化でもあり、見たことのない光景が目の前に広がり、独特の雰囲気が街全体を包む。好奇心は高鳴るが、欧米人どころかアジア人もほとんど見かけない。来る前はもっと日本人やバックパッカーがたくさんいると思っていたが全然そんな感じではない。時間帯にもよるのだろうか。あまりにも現地人以外の人間を見ないため少し心細くなるところである。
Img_8696cd8c5d1011d271e314b16e4f3a16
Img_01fbe6198ae23f83424722c4565a2236
Img_582a0de8b9db276c266c25669ea06b18
Img_b814c35aa22f8188879f152156a48cfb
Img_77d34182eaaf1c3483d8b61b1427c950
Img_14b7c41689385a43f386ab05e33e39ca
Img_bde3225d4447427c7ed2ff20a4fce662
Img_e32ea7619a23f7242b65f078ca55f780
Img_bc4c6f6e78f14f2a9be96284f91a7f94
Img_e18f742ca96f4e8d6946bf406fbec556
Img_bfafbaf64e03a631491f7809bca67063
Img_fdba40fdb4f97513df31392c226d23b2
Img_c8d15c5692fd83137b5f5ef087f58cd3
Img_35c44ce7c8046a7d0b4912110a0711ce
下見も兼ねて現地の方々に道を聞きながら明日の早朝に行く予定となっているガンジス川を目指して歩いていく。道中、人によって教えてくれる方角はバラバラである。親切なのか不親切なのか分からない。何を信用すれば良いのやら。しかも奥へ進めば進むほどみるみる道も細くなっていく。なかなか辿りつくことが出来ず、帰り道もうる覚えになってきたところでタイムオーバー。写真はたくさん撮れたけど、下見になんてならなかった(笑)

夜はホテル1階の食堂で食事をした。食堂とは思えないほどとても薄暗い。食事中にも関わらず度々停電が襲ってくる。とりあえずインドでは初めての体験が目白押しのセット販売となっていて、ここまでくるとどこぞの新しいアトラクションかと笑えてきます。案の定、バラナシ滞在ホテルのシャワーは水だった。
そして明日に備えて眠りにつく。明日は早朝からガンジス川の真ん中にてボートから眺めるサンライズ。今回の旅中、とても楽しみなことの一つである。


何かをやるということは、何かをやらないということ。何かを得るということは、何かを失うということ。どこかへ行くということは、どこかへ行かないということ。何かを頑張るということは、何かを頑張らないということ。
限られた時間の中で、何かをやらない勇気を、適切な選別を。その上で、やると決めたことに費やす全ての時間を慈しみ、その全てを楽しむ心の余裕と同時に覚悟と責任も大切にしたい。
Img_3f9325ab5f08882b443b8c77a20be44e
先日は皆様『子供と楽しむハロウィン仮装の撮影ワークショップ』へのご来場ありがとうございました。たくさんの子供たちが思い思いの仮装で集まってくれたおかげでバラエティに富んだとても賑やかで楽しいものとなりました。当日はたくさんの笑顔あふれる空間となったこと、とても嬉しく思います。そして本日はハロウィンです。この日に合わせて仕上げた撮影データをワークショップ参加者皆様の元へ順番に届けていきたいと思います。楽しみにお待ちください^_^ 万が一、本日中に届かなかった参加者の方はアドレスに記入誤りがあった可能性があります。(判別しにくかった文字もありましたので)その場合、ホームページメールフォームなどからご連絡下さい。そちらのアドレスへ送信いたします。子供たちの楽しい仮装写真は後日ブログやFBでアップしていけたらなーと思います。それでは皆様今日も良き一日を!! I wish you all a Happy Halloween!!