Img_4f0882da781c35da0233dc4ac809f048
Img_0209fae9f8159a9d4b8d940096f3059d
Img_1a2a5d7be73b82774ab59350d2227155
Img_fad362c1314282024419c69be2db0f51
ホテルを出た目の前の柱。マジックかなんかでラフに駐車禁止と書いてあります。ザックリ感がインドっぽい。。
Img_2230c657b4c6711b082fcb2320ab78b0
グッモーニング、インド。朝、ホテルの前の通りをフラフラ散策。日本人が珍しいのかジロジロ見られまくります。
Img_7efdc40de606780cd0c3df89a2f0096d
Img_70220823210d11d5ea362056981665a5
Img_6a793bca7f992b4dab27f5ff0632a464
Img_a1e87eeecf1456467c2445077f2ed196
パッと見廃墟のようにも見えなくはないが、ちゃんとした建物のようです。
Img_de9e027cdbeb6178e717ecdcca2b9996
Img_caaa1c97a67033d42ecda56b316e483c
Img_c8c95f4b0ca0a1cbb92c259d221c5441
Img_1645528a4b521686d5230ff970f69c33
Img_e6634035b25f35d397247fe972013f10
Img_5f0a3ef2affa04f87c9ebbe7d63cafe8
先々月に行ってきた念願のバックパックでのインド旅、写真が少しずつ整理できてきたので今回から不定期更新していきたいと思います。カメラ片手にインドを回ってきた友人との2人旅ですが、とても刺激ある旅でお金には換えられないものがたくさん得れた、とても濃い旅となりました。僕のカメラのフィルタを通してではありますが、インドというものから何かを感じていただけたら幸いです。
この旅では中国東方航空機を乗り継ぎ、中部セントレアを出発して上海にてトランジット、上海からそのまま6時間半ほどのフライトでデリーに到着。空港への到着は現地時間深夜1:30。到着時刻が遅く、今回が初インドということもあり、念のため空港からホテルまでのタクシーを手配しておきました。ホテルへ向かう車の中、デリーの未舗装路なのか舗装路なのかわからない荒れ果てた道路を走りながら、並走する「THE インド」なトラックを眺め、初めてインドの地を踏みしめたことをじっくり噛み締めました。夜はトラックも多く、そこかしこで鳴り響くクラクション。数時間前まで日本にいた自分にとってはちょっと異空間です。ホテルに着くなりその日はそのまま就寝。翌朝はフライト前にホテル前を散策。話には聞いていたとおり、めっちゃ野犬が多かったです。あと、ゴミが多い、そこら中に人が寝てるとか、日本じゃあまり考えられません。
Img_89f4b0759453ea8c49c6bfe9e86e8ad2
Img_d79ec00f741ffec0dbea36df43734330
Img_72bb4ef918c6b79eb3ec55487a485b99
Img_b5446b24b885665424f93c3f3ea24154
Img_f82fba4c3b5de7bcab8df197c2f33af2
Petit Clubism8月の扉表紙、未掲載分と合わせてお届けです。とても可愛いモデルくんなのですが、最初はなかなか撮らせてもらえず四苦八苦でした。ママや編集部さんのおかげもあって後半はようやくほぐれ、可愛いポーズなどカメラに収めることができ、とても楽しい撮影となりました。ありがとうございましたでございます。
Img_e4183213c9cc80c3c7498efdde7fff09
拝啓 残暑の候、皆様にはますますご健勝のことと存じ、お喜び申し上げます。

スタジオ・ラルティーグは皆様方の日頃のご愛顧のおかげにより、オープン時と比べて機材や設備、また技術など、日に日に充実してきており、様々な方法で皆様方のお役に立てるようになってきたこと、とてもとても嬉しく思います。これもひとえに皆様方のご愛顧、お引き立ての賜物と深く感謝しております。

そして今日はお知らせがあります。
1階にある美容室CIARTORさんがこの度2階に移転することとなったため、スタジオ・ラルティーグは今ある2階から1階へと移転拡張することとなりました。それに伴い、工事の関係上、スタジオ・ラルティーグは9月1日から10月半ばほどまでスタジオ営業のみ、お休みすることとなります。そのため、その工事期間中はアニバーサリーなどでの撮影は出張撮影のロケーション撮影のご案内のみとなります。公園や素敵なロケーションの場所など、お子様を撮影しにどこへでもお伺いいたします。9月のスタジオ撮影を希望されておられる方は8月31日までの撮影か10月半ばからのご予約で対応していただければ助かりますので、ひとつどうぞよろしくお願いいたします。
また混み合うことも予想されますので、お時間のご都合などに調整が難しいお客様に関してはお早めのご予約をどうぞよろしくお願いいたします。
また100 Days、Half Birthdayの撮影などお子様が小さく外での撮影が困難な場合は、皆様方のご自宅へ機材を持って撮影に伺いたいなと考えていますので、そちらもどうぞご相談ください。

移転後は今の広さより広くなる予定ですので、益々の成長と発展、そして皆様方から喜ばれるよう、どこにもないような素敵なスタジオづくりをしていきたいと考えていますので、今後とも格別のお引き立て、どうぞよろしくお願いいたします。

営業再開時期については工事の進行具合によって変動しますので、追ってアナウンスさせていただきたいと思います。


それでは、これまでご来店いただいた たくさんのご家族様とお子様との暖かい物語に触れるたび感じていること、スタジオ撮影にていつも頭に思い浮かべながら写真を撮らせていただいていることを、JTのコマーシャルのコピーライティングの言葉にて締めさせていただきます。



「あなたの人生が世界一の物語でありますように。」



ではでは、ご来店いただく皆様のため、微力ながらもそのお手伝いができるよう日々研鑽を重ね、益々精進して参りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

敬具
Img_d1c10017dbde0b873a11f55958842f50
前回、移転のお知らせをしたばっかりなのですが、諸々の計画も踏まえ、その移転が来春予定へと変更になることとなりました。ですので、9月1日〜10月半ばまでの、スタジオ営業をお休みすると言っていた期間も継続して元気に営業できることとなりましたので、皆様方の撮影予約どしどしお待ちしています。お騒がせいたしましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
Img_72f5a6611fc1b83e4f1645f7071ff0d7
Img_f1ff4020db452edf1b978100c8b0d1b2
Img_bd6b5abb15809ea2861754a5d777b1d2
Img_00f881dca1b98d98727a5a288ad1f811
Img_ba343026563a0c0e0fc9b89e11b35f1d
空港へ向かう長い道。
Img_9256ac4821c171e221e0be168e626e7f
Img_df5ea1c552df935d9f245d1cf257dca6
カメラを向けてレンズを指差し、撮っていいかとジャスチャーで伝えると、いいよ、と気さくに笑顔を向けてくれた優しいインドファミリー。
Img_5862e7edd623a6b507f9fdffaf3e1473
マハラジャ・マック。
Img_4241307f2ade9210cdfa88ad41fb2afc
Img_ee803c36f73d4eba3c69916f69932419
Img_b61c23c59eb3241f24f1337ba8c2966a
Img_9b8af705d73e4b4c3d297a4eaf7526a6
愛すべきインド第二話。
夜中にインドのデリー空港へと到着した翌朝、デリーのホテルを早々に後にしてまたデリー空港へと車を走らせる。空路にて目指すはラジャスターン州にあるブルーシティと呼ばれる街ジョードブルへ。今回のインド旅、実は旅のテーマというものを決めていて、「インドの光と闇」という感じで旅する予定となっていた。そして自分で勝手に決めたわけなのだけど、最初に向かったジョードプルの街はこの旅でいう「光」のほうなのである。
Img_d43d936f4bc754d9d1553e7f4b12b6ae
Img_144688f082afa6448f86c8ae75a50658
Img_cc9fd7a7652c1339583c9a7dd1050706
100daysのお客様です。つぶらな瞳が印象的で可愛いベビーちゃんでした!
また遊びに来て欲しいと思います。どうもありがとうございました★
Img_6861e3991f18681e4c8de87512cbf661
Img_cc3a74f696abe006df645b248103a1bc
先日結婚式の前撮りをスタジオにて行いました。新郎新婦様のご両親様も含めた、とても賑やかで楽しい撮影でした。新郎新婦様はとても素敵なお2人なので、撮影しながらも自然に顔もほころびます。写真のセレクトのとき新婦様の妹さんも同席していたのですが、モニターを見ながらとても楽しそうに2人おしゃべりしながらセレクトされていました。それを側で見ていて、姉妹の絆ってとても良いもんだなーと改めて感じました。末永くお幸せに☆
Img_9f28e7a1e60bfa96f6bef1e206c55368
Img_b95b76d4d520abf671a26f963f4cf3f3
Img_6bd4d3b58dc576bde36932fb77cb0240
小さいウサギさんを撮影いたしました。プチクラ9月の扉表紙です。テーマは中秋の名月・十五夜です。美しい月を眺めながらの月見の宴。
今年は月見団子をお供えしたりして、月を眺めながら素敵な秋の夜長を感じるのも一興で良いかなーなんて思います★
Img_6753730bc6fc50b809d2d8cdaa657c83
奥に見えるのが目指す目的地メヘランガール砦。
Img_09ddb3181b17a2702295eb3f7c13754e
Img_ece1896db2785085344e3f0d0c2ab1e3
Img_1cc5321bcf381fef610c70ea10a0e74b
Img_681f8c90beb34b3da28b651215187d04
Img_51eec955bc0830a1fa0c94b9f3dd1a51
Img_1b6748035db14f6720b6bf65680d940a
Img_b8c7e63f8f9aa3d1666cc34fd6c18e71
Img_8601c24e056ac84933bfcb9d5fc549df
Img_73ca6041f2453053edc3ab3295d94f31
Img_4b30f208222819a3102fee94bf20ad94
Img_9b6fe044922254c1f2341c6b2da3c546
Img_eb5172188136e9805d1a3c3f83691899
前回、インドの投稿はあまり人気がなかったようですが、載せたいのでまた載せちゃいます。だけど反省して、旅日記的なものは無しにしてポンポンと写真を紹介するにとどめておきます。今回のインド旅はというと、できるだけたくさんの人に声を掛けて歩きました。「あなたの写真を撮ってもいいですか?」と、聞くとたいがい皆さん快くオーケーしてくれます。特に今回投稿のこの街「ジョドプール」は人が良いので有名で、オーケーどころか声をかけられるの待っているかのごとく少し嬉しそうに撮らせてくれます。皆さん親日的で良い人ばかり。インド旅全体を通して断られたのは確か1回程度でした。彼らから見ると僕達は外国人なのですが、わりかし日本人という人種は彼らから好かれているようです。ありがとうジャパン(笑)
Img_65aac604394eafaf64f7875d97d5788e
Img_d12aa725dc017b6d7fdda8006c339b3f
Img_7d6f093c743a36c0ad6242af6c1daeaf
Img_252fe3802972ea08b798f35116b0869c
Img_26238eaf2f93304193633219c2b66e89
Img_42df36d265a75329e0f7b884424d692b
Img_09dbf32cd6b79a9c5c11885a281d6446
Img_e8018dced0020b3efba774d25a02cd04
Img_52e35ec11d5d494df56852375b2033b1
Img_a01f6853fc4f51b8e8f469ebcca938a9
Img_348ec2a4349d21322a83644d8fd7522d
先日、安田工務店さんの新築物件の竣工写真を撮影しました。オシャレな要素が様々な場所に散りばめられている住宅で、施主さんと安田工務店さんのセンスが素敵に詰まった住宅でした。細部にもたくさんのこだわりが見てとれるので、率直に、『家が好き』で『家をデザインされるのが好き』なんだなーと感じました。この素敵な家は現在発売中の『住まいnet石川 2014年夏秋号』にも掲載されています。安田工務店さんの素敵な雰囲気が好きな方は一発で好きになるのではないかと思います。しかも誌面の中をのぞくと安田工務店さんのご厚意で、『撮影/MARC AND PORTER』と入れていただいてありました。まったくお願いしていなかった素敵なご配慮なのでとても嬉しいことです。そういった細かな配慮もなさってくれる安田工務店さんとは今回のお仕事が縁で、今夏のポストカードも制作させていただきました。ありがとうございます。そしてただ今もう一つのプロジェクトも進行中です。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


■ 安田工務店
住所:金沢市御影町9番地32号(公園側)
TEL:076-255-7384