Img_ae726162a0be591ffa653a1284827dc2
Img_8e6626f2e11d386ca96dcb5ae6a57df3
Img_d00950b57917589873186a2590384446
Img_ab203f5b288ed36a3c0d8c94fec606e5
Img_9bf544a46fcc8095c40b6821e0a0fa0c
Img_9e24923409946a841844234d4d66986e
Img_a3ba6e52481464bde37677e67ba8af13
Img_73d3b97f73d280c405f8a60c174f6973
Img_1fe6db9563d14c2936239daf7039f7c6
Img_6120bc005c67bf109ac05550f1f2a2be
Img_5f76cbfcff6e8bfe4d8797005fdfb7fd
Img_690e0a9227c687d386858b7972489381
Img_b1efe7e2dceee7b3183128f418e8b7f0
突然ですが、時々自分はこんなことを考えます。『うちのチビが物心ついてこのブログを見たときってどんなことを思うのかなー』、と。今まで少しずつ、そのときそのとき、思ったり感じたことなどをそのときの感情のまま、ちょこちょこと書いてきたわけですが、考えてみると実はこのブログはチビが産まれる前はおろか、チビのママと結婚する前からずーっと続けているわけなのです。チビにとっては自分の産まれる以前の事から、自分が産まれたときのこと、そしてその自分の成長やそのときに周りで何があったとかが一通り分かるわけなのです。これはちょっとした事件です。モノゴコロついたとき、「親父そんなの書くのヤメてくれよ」、または「図らずとも、俺の成長を記してくれてありがとう」、などなどポジティブなことやネガティブなことなど、考えられる事態はたくさんあります。

だけど今の考えとして、これだけは言いたい。

人間ですし、少しずつ感情は変わっていくし、想いもそれにつれて変化していきます。
でも、変わらないものだってあるわけです。

次にご紹介するのが以前『ミルクジャポン』(注:雑誌です。)で目にしてから、とても大好きだなと思った一文です。

ーーーーーーーーーーーー
子供たちには、きっと(大人たちが考えているよりもずっと)「もの」の良し悪し見分ける能力が備わっているはず、とミルクジャポンは考えます。だとすると、見るもの、触るもの、着るもの、味わうもの…。子供の頃から良質なものにたくさん触れると「もの」を見分ける能力はより一層高まり、また、それらは成長する過程において、より大きな影響力をもちえるのではないでしょうか。
ミルクジャポンは、子供がアートに対してより親近感を持てるような活動を「キッズ&アートプログラム」と題して展開することにしました。最初は「小さな一歩」ですが、子ども達にとって将来「大きな記憶」になるような、継続性のある活動を目指していきます。

便利に生活するための情報なら両手から溢れるほど存在する。そんな時代にミルクジャポンが発信しなければいけないのは、家族や子ども達を豊かにするような「美しい」情報だけだ。

一緒に出かける秋が待ち遠しくなる。四季がもたらす「美しさ」を繊細に感じられる、そんな日本人だからこそ解釈できた「美しい」ミルクをこれからも作ろうと思う。
ーーーーーーーーーーーー


この一文を見たとき、正直感動を覚えました。デキゴトとしては小さなことでも、そのデキゴトのシチュエーション(演出、発信、展開の仕方)、言いかえると『努力』いかんでは、それがずっと先ヘと続く子供にとっての大きな記憶にもなりえたりするし、その積み重ねと影響がその後の子ども達の考え方や生き方を形成していき、伸びていくであろう方向性を導くこともできるのではないかと。是非そんなことができるものなら、それを実現できるものをつくりたい(一端を担ってみたい)とも思いました。

例えば好きな人にプレゼントを渡す場面を考えてみる。同じものを、何も考えずに普通に渡す場合と、ヘタクソでも不器用でも、恥も外聞も捨てて、一生懸命考えて、努力して、シチュエーションやらタイミングを色々考え、相手が一番感動してくれる状況を考えだす場合とではどう違うのか。

きっと、同じプレゼントの場合で、たとえ小さなプレゼントでも、渡された相手にとっては後者の方がとても大きな記憶になるんじゃないかと思います。人間の脳というものは有機的であいまいで不可解そのものです。スーパーコンピュータだってその高度で繊細で不合理な存在の足元にもおよびません。不思議なことに、その時の感情や気持ちによって、時間の質や大切だと思う度合いは刻一刻と変化する。だとしたら、自分が人生の大部分の時間を費やし行う仕事というものを通して関わった人たちが、その気持ちを胸一杯に抱えて、その後に影響を与えれるような感情や気持ちへとどうやったらなってくれるのだろうか、そうなってくれたらどんなに素晴らしいのだろうかなと思い浮かべたりもしました。

まだまだ全然若輩者ではあるのですが、そのような考えを元に、自分が少しずつ思い始めたことを組み合わせ、今のお店の基本コンセプトとして、荒削りであっても自分の得意な事や今まで自分が見たり経験してきたものを活かし『物や空間や経験』を常々発信していきたいことだと思っていて、これからどんどん広げてやってみたいなという領域でもあります。まだ見ぬ本当の心の豊かさを求め、そんな取り組みがどんどん出来たらいいなと思いますし、そんな仲間がどんどん増えていけばいいなーと思います。


うちのチビには、時間や金銭的に多少無理をしてでも色んな所へと連れていってやりたいし、色んなものを見せてやりたいし、色んなことを考えるキッカケをつくってあげたいと考えるのもそんな理由からくるものです。

うちのチビがしっかりとモノゴコロがつくまでには、そういったことが恥ずかしくないレベルにまで到達し、自分自身も成長してカタチに出来てたらいいなと思います。でも、無理だったら、息子よ、ゴメンナサイ。

ダラダラと長文失礼致しました。なんだか最後には、うちのチビへのちょっとした手紙のようにもなってしまいましたが、長くお付き合いいただいた方、ありがとうございました。少しでも何かを想い、誰かを考え、何かを考えるきっかけとなるお役となり、また自分への戒めと備忘録になればと思いながら今日は締めさせていただきます。

拝啓はないけど、、、

敬具
Img_2699287e9e9a874a69597a693f446df6
Img_443ecbcdddeccaf10fc1b0e06c69510e
Img_c139fbdfbf8af1b2977fd456b8d3270b
Img_81d9636ac02535123ef0626ef2d4900e
Img_0f49d3af1963ee268dc260c3bb638088
ブログに出すの忘れてましたが現在発売中のClubismにて今回もプチクラの扉表紙撮影していますので良かったら見てみてください。頭の花飾りはApple Flowersさん、HairはCIARTORさんです。上の写真はオフショットです。それと来月号はスタジオ飛び出してのロケ撮影を行いました。そちらもまた可愛い仕上がりとなったのでそちらもどうぞお楽しみに。
Img_43d81c3b54f6d16a8b2100b364922486
ハーフバースディを迎えた、どこか外国の子どものような雰囲気を持つ可愛い男の子の撮影です。
ご両親の愛情をたっぷり受け、すくすく育つ真っ最中です。
Img_b0c7fd2d188ab83d3856132836eaa41e
Img_b0bf46c26a475bc002590a33b061799a
可愛いご姉妹様の来店です。普段撮らせていただくお子様達、コンディションなどによっては嫌がって撮らせてもらえないこともあったりするのです。そんなときでもオモチャと一緒だったら撮らせてくれたりするのです。今回ご紹介の可愛いご姉妹様も、オモチャと一緒に撮影し、そのせいもあってか、自然な雰囲気をカメラに収めることができました。
Img_057922545ade09f7ac8e37a582e6ddd9
Img_3a67f64a639fa977fdcbcd439258cf58
Img_2101f70a7066a5eb28cc0a5e4e2b7c26
Img_0f49478dc10ffd710fb84564585783c4
Img_054495379f1034928bb8e91aee7d7bc4
半袖、半パン真っ盛りの夏頃のお話です。朝食時間めがけて皆でbillsに。開店30分前だというのにすでに100人待ちだという驚きの事実。


■ bills 七里ケ浜
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜1-1-1 WEEKEND HOUSE ALLEY 2F
TEL:TEL 0467-39-2244
Img_49ab8c7003152278b052d47a7b0a715f
Img_1e05ce97b71c1c752ff30e11eb6a9da2
Img_fa15f0439650057f59463c647877df1c
Img_d1112dcf85be97d905f0e8b3ce9972b0
Img_f303ae74befb2a2831d7ff7f463b374e
Img_abe4028cc44074b03d56c6a728ff3d92
Img_2176adf77b573dbb38150132b2982e7b
前回の続きですが、
その後、SUNSHINE+CLOUDへ。建物内には服や雑貨が売っているSHOP、Cafe、花屋などがあり、SHOP IN SHOP的な複合施設のような楽しいところでした。


■ SUNSHINE+CLOUD
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2151-1
TEL:TEL 046-876-0746
OPEN:OPEN 11:00~19:00
定休日:月曜日
Img_b332bdfdfdf28ffc77d3a895ffeaf80d
Img_a4a4c0623c35a873f9fe59bf4ddb581a
Img_1094f504c4b2d9361bef0bdc44975e07
Img_01cc4cb20b177ec612e4b187b39ffdeb
Img_2dc2ccd924a4c486c9a44d7ac503aac2
Img_82ef6ccd49951a5b474a8384042a9c06
結構前の夏頃 instagramでも投稿したのですが、トゥモローランドがプロデュースするレストラン&カフェ兼ショップの『CABaN』、行ってきました。良かったですよー。緑の芝生の上にポツンポツンと無造作に置いてある白いクッションに友人たちとゴロンと寝転んで何もしない贅沢な時間を楽しんできました。気持ちの良いひと時でした。vimeoに動画があったので良かったら全体の雰囲気をどうぞ。



CABaN TOMORROWLAND BEACH HOUSE from a Zillion ideas on Vimeo.



■ CABaN
住所:神奈川県三浦郡 葉山町堀内954
Img_ca431872fb7b9b94fe1aab64226f91cb
Img_a26e618b9f2bd8bebe8b9ba4373598a4
Img_831a72caf4b448de2d35d668d90eab62
Img_28acec36467711fa057d19440bbaad0c
Img_0cb0fa569216ac9c18a53ec02e552637
Img_a49ac0721aac001dd701cf1d8259750f
Img_60ffe72225681fc4f096e0c7589bbcd5
Img_69b76743387c048923cccd3c67ced13f
Img_c196c2fd147a5dd766ae1be96de18935
Img_13557604014d4e714f7a5d9594682969
Img_706f15b436b1a8be1f26f3909ae4b733
Img_38924e7a574e9a48760a595c761afa92
Img_cdc6b18520d351d481ee5aa567eea894
Img_78c61b934a9f47dc9792edeaca51e985
Img_b812510c20be273a81300f56ce743ade
次はここ。SOLSO FARMです。もともとは白金台にあるBIOTOP内のショップや、ディスプレイの仕事で使う植物の在庫を分かりやすくまとめておこうという目的でファームをつくったとのことだったのですが、造成して植物達を並べていくうちに良い雰囲気になっていき「だったらショップにしちゃう?」というノリで、2013年5月に一般公開されることになり今に至るそうです。広大な2000坪の土地には植物だけでなく、木につり下げられた手づくりのブランコなんかや顔をはめ込む多肉植物のパネルなんかもありました。遊びゴコロ満載で、見て回って遊べる良い所です。

■ SOLSO FARM
住所:神奈川県川崎市宮前区野川3414
TEL:044-740-3770
OPEN:10:00〜17:00
基本的に土曜・日曜のみの営業だが、週末も休むことがあるので事前にホームページで確認してください。
Img_682fd2c5686cd0acf86d38638d9535d1
Img_489ec74ff97d7c5bed329b2d82d3650b
Img_fa4ec966e52111e8bc04a9993ef1aab6
Img_0d1d6f654c9aa1a8a125a22a4eb4edc3
東京Day、次の日の朝食はRon Herman千駄ヶ谷店。早朝の店内はほぼ貸切状態。皆で大テーブルを占領してのゆったりした気持ちのよいKinfolk的朝食。前日のBillsとの食べくらべですが、こっちの方が美味しかったのと、お値段の割りにはボリューミーで満足度は全然Ron Hermanの方が上でした。毎朝食べたいくらい。


■ 店名
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-11-1
TEL:03-3402-6839
Img_011173b94520ec200298609239f44994
Img_b731413736b054c3c2448a7d22ef5b28
Img_494f929281e095cdcbfbea8c510072a8
Img_7f033844d5553d67ca7eb78b7e704fa3
Img_f286bc7ee1d51b1feab875da8295e052
Img_969ea379897e3c2f806f13471c01000a
Img_9909ae9ad88efdbbd817386256896063
Img_c93fea0de2c358942f72bbcdfe54326a
Img_a1e4978e1fa99e12635b190133087eb3
夏頃に皆で行った弾丸文化の旅、帰りぎわ最後に寄ったところは、かつて大型クレーンの教習所として使われていた敷地や建物がリノベーションによって生まれ変わったところで、大きな倉庫のなかにいくつもの箱が点在するひときわ異彩を放つ複合商業施設「NEW LAND」です。
パン屋、クリーニング屋、有機野菜の並ぶグロッサリーなどの生活に密着したショップから都内でも人気のセレクトショップや飲食店まで揃う多彩な顔ぶれとなっています。が、しかし、残念ながら僕たちが行った日はほとんどの店が定休日で、営業しているのはたった2〜3軒のみという悲しい結末のオチつきでした orz....

■ NEW LAND
住所:埼玉県熊谷市江南中央2-3-5