Img_e328c3d97927d8534c599344f1440cdc25ba0d20
わが家の飾り付けはクリスマスシーズンに突入。朝起きると嫁さんがせっせとやっていました。
買ってきたばかりのIKEAのLED電飾も雰囲気ベリーグッド。
Img_59dc2c939b76ba685b4f08cf40fb0ed0f0a23eec
用があって近くまで来たついでに金沢駅周辺の散策をした。金沢駅はここ数年でかなりの近代化を成し遂げたと思う。小さい頃からの記憶を思い起こし、「立派になったなー」って、金沢駅東口の強化ガラスとアルミ合金製の立体トラスでできた開放的なファサードからのぞく空を見ながら、そんなことを考えた。
Img_f7475c5c30bec3bcc4fec01640dac102f364229f
夜ご飯を食べ終え、店を出ると、そのまま僕たちはインターヘと向かい高速道路にとび乗った。高速道路と一般道とを乗り継ぎ、運転を順番に交代しながら黙々と夜通し車を走らせる。その目的地へと着いた頃にはもうAM4時を回っていた。そして、山の頂上付近にある駐車場に車を停めると、疲れもあり、車の中で皆しばしの仮眠に入った。コトの発端は日本のマチュピチュの存在をTwitterによって知ったことだ。どーしても行きたくなって、そして、来てしまった。雲に埋もれる天空の古城へ。

Img_80064231d0dda8a13298c495b8a177a7aa8e87c6
山の上ということもあって車の外は厳しい寒さ。車内はエアコンで暖をとる。目を閉じ仮眠に入り、やっと眠りについたかと思った頃、iPhoneのアラームが鳴った。そろそろ日の出の時間だ。窓からそろりと辺りをうかがうが、依然として外の世界は真っ暗だった。そのとき、暗がりに人影らしきものが動いた。夜明け前の早朝ではあるが、懐中電灯を持って山に登っていく人影が見えた。「そろそろかー」。僕たちもカッパを装備して懐中電灯を持つと、続いて山へと分け入った。ウサギさんコースは急な階段だった。階段という上品なものというよりは大きな段差といった代物だ。暗闇の中を少しずつ登っていくが、案の定、足は途中で悲鳴を上げた。それでもなんとか城の一番上まで辿りつき、最後の梯子をよじ上る。すでに女の子のグループがいて、楽しそうにおしゃべりしながら夜明けを待っていた。僕たちも鑑賞スポットに陣を張った。眼下にはキレイな街の灯りが見えた。段々と空は明るくなり、世界は少しずつ鮮やかな色を取り戻していく。
Img_2370e830c42f044d9439f197a2dcdcb2ff1d2c51
頂上にて、雨粒がポツポツとカッパの頭の上に落ちる中、僕たち同様に奇跡の光景を見るために大勢の人たちが固唾をのんで見守っていた。ひとり、またひとりと、人の数もどんどんと増えていく。だが、とうとう夜は明け、そのまま時間だけが過ぎていった。結局、しばらくすぎるほど待ったけど、今回のアタックではとうとう最後までキレイな雲海にお目にかかることはできなかった。お目にかかれたのはリトル雲海のみ。悔しさをバネに次のリベンジへと繋げたい。というわけで、写真は天空の城にひょっこり生えてた、おごそかな木になります。



頭の中ではこんな感じの光景が撮れるかなーって想像してたんですが...↓
→『地球はすごい!明日の地球』日本のマチュピチュ?天空の城 竹田城跡
→竹田城 雲海写真ライブラリー 1
→竹田城 雲海写真ライブラリー 14
→竹田城 雲海写真ライブラリー 40
→竹田城 雲海写真ライブラリー109
Img_a3103076af56baf071b06daf56176bb938329db2
Img_ba487a002f689f60a81b3e89f960f0d6e4677067
Img_e06e838976326e7f5511e36e24ccbc35486107e4
Img_5c78e9534658bee82b04844b8143fa303b2a4022
竹田城から場所を変え神戸に住む友人と三宮で合流。お腹が減ったのでそのままご飯へ。案内されて向かった先は長い歴史を持つ神戸の老舗ベーカリー「フロインドリーブ」。教会跡を利用したキャッチーなお店だそうで、1階が店舗、2階が礼拝堂を改装したカフェというつくりになっている。みんなで朝の10時から気持ちよく生ビールで乾杯。話も弾みながら穏やかで気持ちのよい優雅な午前のひとときを楽しんだ(笑)僕たちが入ったときが、ギリ、すんなり入れたセーフの時間帯で、すぐにエントランスは順番待ちの列で埋もれていた。なかなかの人気だ。



● FREUNDLIEB
住所:兵庫県神戸市中央区生田町4-6-15
TEL:078-231-6051
OPEN:10:00〜19:00
定休日:水曜日
Img_647073c538124a6ef155559c37ab2db585a10a4d
Img_7172b9031dbf970574038d070189336d2239ed89
異人館をブラブラ。市街をブラブラ。とりあえず足でブラブラ歩く。しかし、もっと下調べしてくれば良かったと後々思うのです。
Img_976341154a84c381b4c9675d35a114fe7e9ea61a
Img_7571a357aa1cd6b6d089443b1a2c58914b854dc2
天空の古城で過ぎ去りし時の重みに想いを馳せてみたり、神戸の街をぐるぐると巡ったり、芦屋で2億円近い豪邸にお邪魔したりと、今回も良い体験がたくさんあったプチ・トリップ。面倒くさいことでも進んで動けば必ず何か新しい扉が開いていく。やっぱり「書を捨てよ、町へ出よう」ですね。誤解のないよう補足しますが、それの意味するところは知の放棄ではなく、真の知の探求だ、と誰かが言いました。人生の諸価値の大いなる創造者を目指すため、好奇心旺盛に書を読み、より多くの体験を積んでいきたいと改めて思う。自分、まだまだ世界には知らないことがいっぱいあるので、死ぬまでには絶対に全部制覇したいと思う欲張りものなのです。そして "シャッターの彼”が言うとおり、エキサイティングでドラマチックな、「物語のある人生を」愛する家族と気の合う仲間と共に歩んで行きたい。
Img_013a65f31a70bcbc40da83824930d6ae49b83692
当ブログ・サービスの運営元 プチホームページサービスさんの”今月の新着おすすめプチサイト”に紹介されました。全国的に紹介されて嬉しい気持ちと共に「こんなブログでいいのかな?」って恐縮な気持ちも込み上げてきます(笑)気づけばアクセスがグンと上がってました。とにかくプチさんからのご連絡からいくつかのやりとりまでの応対が、とても温かい人情味のあふれる素晴らしいものだったので大変感激しました。おすすめのサイトコーナーには、他にもまだまだ魅力的なサイトがたくさん紹介されていますので、よかったらポチッとリンク先へ乱入しにいってみて下さい。


● おすすめプチサイト | プチ・ホームページサービス
● 写真と日記のある暮らし | プチ・ホームページサービス
Img_008b0848a54d2259e6ba86776bd680c744bd45a1
先日Clubizm用の写真撮影がありました。今月号の掲載です。
こちらは残念ながら使われなかったボツカットの中のお気に入りの一枚。
Img_aeb335b7219682bf4cc28e7431da2b3ea93c2868
(写真なんか撮ってないで早くメシくれ!)。と、言っております。
Img_edfffbe4837d169486a9a3e58c1f8dc4e72a068b
恐ろしく激しい勢いで風船とあそぶ人。あまりの暴れっぷりに「風船が割れてしまうんじゃないか」、って見てるこっちが心配してソワソワ。最近はまるいものによく興味を示す。そんなボク、腹巻きがチャーミングですねん。
Img_4e392f5ff1dc0ac126ed6aeae939d85972a1f440
Img_af53265ff7faa58727dbd62bea58d31e36b9fa98
Img_19cd060f452e44b2e07ee0e7790399bb6253246b
Img_17d160e1e8e8b0e554bb5d1ad64ce97267725e15
先日ホテル金沢で行われたメイクアップアーティスト様によるプライベートレッスンを交えた講演会の撮影依頼がありました。モデルさんは元々綺麗な人でしたが、メイクアップが進むほどに徐々に変わっていき、メイクというもののグレードアップ力のスゴさに今さらながら驚きです。メイクアップアーティストの方のその手慣れた感じのライトな動きの中にも、非常に精密で正確な手さばきが織り込まれていて、メイクのしない僕にも熟練の卓越した技がレンズ越しにひしひし伝わってきました。それをどこまで表現できるかが僕の大切な仕事です。最近ではホームページ用やソーシャルメディア用にとの撮影要望もよく聞くようになりましたので、もっとそこらへんにもぐっと力を入れていきたいと思います。
Img_b76cc58251f33b7c92f30c3786825defd633d65f
Img_65c051f02591a812b41706a60ed4f03118168c8c
Img_aee67f8a96d1d25b08e6f012a6ade0a632972a87
Img_e271bad46b870e57a697a4e9758fb08d91944615
Img_4bbd77850e2d53925365b9aa79191ff53b20fef8
毎年12月のX'masには恒例で友人夫妻たちとのX'mas Partyが行われる。そのイベントのひとつに、”プレゼント交換” というのがあって、今回はそのためのキャッチなープレゼントを買いにHOME'S MARKETさんへ行った。ヨメさんと一緒にどれもこれもと迷いにまよった結果、そのなかでもとびきりキャッチーなアイテムたちをセレクトして6千円分購入。中身はというと、案の定、Kid's 商品たちが幅を利かせている。


● HOME'S MARKET
住所:石川県能美市松が岡5丁目192
TEL:0761-51-7557