Img20081104022835
ヴィテン乗馬クラブ・クレイン金沢にて、無料体験券みたいなもので人生初の乗馬というものをしてみる。
写真は、今回ご一緒していただいた白馬のミルキーくん。


結果、乗馬は”とても”楽しいという結論に至りました。
いやぁ、、そーとー楽・し・い。
レッスン習いたい気持ちもやまやまではありますが、なにかと入り用な今の時期にはそうとうキツい金額です。
裕福になったら始めようと思う次第です。



●ヴィテン乗馬クラブ・クレイン金沢→ (Click!) 
住所:石川県金沢市粟崎浜町1-7
TEL:076-239-0009
受付時間:平日/10:00~19:30 土日祝/9:00~17:00 ※水曜日は午後から営業
定休日:火曜(定休日が祝日にあたる場合は、前日が定休日となります。)
Img20081107073608
季節の変わり目。
何故かぼくは、この『季節の変わり目』というようなやつにたいへん弱いらしい。

気温が日によってコロコロ目まぐるしく変わるようなこの時期、むしょうに体がだぁるく感じ、
動きを止めているとなぜか意識がぽ~~~っとしてきて、
そして、しばらくすると、ウトウトウトウトだんだん眠たくなってくる。

ついつい運転中にも、ぽ~~~~~~っ、としてきて、あちらの世界に行きかけたことも数知れず。
まぁ、この浮遊感がめちゃくちゃ気持ちいいんでしょうけど。

そこで浮かんでくるひとつのくだらない疑問。

「はてはて、みんなはどうなんやろ?」
「こんな習性もってるのは、もしかして僕だけなんか?」

って、いうこと。


まぁ、たいした疑問でもないし。

かぁるい謎をあえて残しつつも、、、明日は紅葉色づく木々たちでも見に行こっかなっと。

みなさん。
居眠り運転にはぜひとも気をつけましょう(笑)
Img20081111223811
朝、そして夜、さっぶ~い季節になってきました。

今年の気になるもの。

今年の冬の雪の降雪量。
Img20081115230632
人生が終わるとき、もっとお金を稼がなかったことを悔やむ人はほとんどいません。そんなことがあるはずがありません。
心の底から悔やむのは、訪れていない土地、はぐくめなかった友情、冒さなかった危険、愛する人たちといっしょにしなかったことです。




                                  3週間続ければ一生が変わるpart2
                                          ロビン・シャーマ




自分の人生が終わるとき。

なんだか今の時点じゃまだまったく想像がつかない瞬間です。
だけども実際のところ、すべての人は皆、目的地でありゴールでもあり行き着く先である『その瞬間』を目指して、
一生懸命一瞬一瞬に輝きを放ちながら生きているところなんですよね。

人によってその時期はてんでバラバラに異なるけど、いつかはかならず『その瞬間』に辿り着く。
誰一人として例外はないんです。

『その瞬間』、僕はいったい何を思うんだろうか。

その問いの答えは、これから一生をかけて出していく僕の課題でもあり、その瞬間までのささやかな楽しみにでもしようとひそかに思う。
Img20081117143825
一度食べ始めると止まらない。そんなヤツ(お菓子)です。 
もちろん、食べたいがためのいい訳なんかじゃありませんよ(笑)
ついつい食べてしまう自分自身へのいい訳なんです。




*ROYCE'→ (Click!) 
*ROYCE' 直営店サイト→ (Click!) 
Img20081120001032
.
Img1b20081120001737
集めているワケではないんだけど、ついつい買ってしまうbookmark。

意外なことに、種類ってあんまり見かけないんです。
なので、気に入るヤツを見かけたら即購入です。

しかし、購入したbookmarkたちを今まで使いつづけていて、
ハタと気づいたことがある。

それは、  「使いにくい」 ということ。

金属製のは重く、そして滑りやすく落としやすい。
かといって小さいヤツはすぐどこかにいなくなる。
木のうすっぺらいのもポッキリ折れてサヨナラの可能性も。

結局なんだかんだで本屋さんでもらえる紙のヤツがイチバン使いやすかったりするワケです。

しかし、これはこれは致命的なことではないか。『モノ』本来の機能では役に立たないということである。
道具が生まれたルーツ。利便性を追い求めて発明、改善されているというところにせまると、
やはり道具にはそれらが求められるとするならば、機能や効率に優れないものは絶対選ばれないハズなのである。

だが、僕はあえてこれを使っている。
何でだろうか。

考えてみると、そこがイチバンおもしろいとこで、そこに、『モノ』が持つ、
機能や利便性や値段などでは計れないたいへん大きな価値が潜んでいる。

簡単に言ってしまうと、購入体験、使用体験、または思考の中でそれらに触れるときに湧いてくる嬉し楽しい感情など、
それら『モノ』にまつわる自分自身の感情のことである。

自分にプラスの感情=大きな価値 ってことなんですね。

お気に入りのツールや道具をつかうコダワリが自分的に好きなんです。
そしてその気持ちがさらに感情にプラスに働きかける。

、、なんてなことを机の上でじっくりほにょほにょ考えてみました。



Img20081121194044
最近、気にかけてること。


それは、ウチのHITACHI、WOOOのHDD/DVDレコーダーの体調が優れないということ。

急な気候の変化で戸惑っているのかもしれない。機械の中で内部結露しているのかもしれない。
今の季節、ときどき鳴り響くカミナリの爆音にビビっているのかもしれない。
部屋に植物が多すぎてファンから不必要に酸素が供給されているのかもしれない。
過呼吸。いや、まてよ。もしかして僕があんまり電源を入れてやらないからスネているのかもしれないな。
それとも、僕が家でひそかにこれでもかというぐらいバクバクお菓子を食べすぎているからなのかも。

数え上げればキリがないが、今のままでは支障をきたす。
普段はwowwowをHDD(ハードディスク)に録画しているヤツを観ているので、さしあたって問題はない。
しかし、レンタルなどしてきたときに問題は明るみに。実はこいつDVDの方が使えない。彼に言わせれば、読み込めないそうです。

「そっか、そっか、じゃぁあんたは何のためにテレビの下にいるんだい? 置物でもあるまいし。」

修理に出せば早いのだが、内蔵ハードディスクには観ていない映画がたんまり入っているから、そう簡単には話が進まない。
「だって、修理に出せば中身消えちゃうっしょ?」
「そりゃそうだべ。」

ということで、当分ウチのWOOOは、内蔵レコーダーのみの一本槍で頑張っていくこととなるのです。

(当分、というより、壊れるまでかも!?(笑))
Img20081125010543
元気がなかったアローカシアくん。葉っぱが1枚に減ってしまった時期もあるが、今では葉っぱは3枚。すこぶる元気である。
ひとつのモノゴトにはたくさんの多角的な面がそなわっている。
しかし、人はたいていの場合、ひとつの面でしかモノゴトを捉えるコトができない。

そのできごとが自分には大きすぎることで、
それに固執すればするほどさらに自分のレンズは狭い範囲でしかモノゴトを見られなくなっていく。

そんな中、どんなことにでもプラスのことを、
どんなことにでもいいトコロを見つけことができるってことはスゴいことです。
そして、それを実際に体現している人はとんでもなく幸せな人だと僕は思う。

怒濤のように押し寄せる、そのトキ、そのトキ。
それらは気分状況次第で、それらに対応する自分の行動も千差万別変わったものになる。

すると、その後の行く末もずいぶん違ったものになっていく。

判断を誤ったり、狭い視点でしかモノゴトを見られなかったら危険である。
たくさんある可能性をつかめない。
そして、なんといっても、いつでもニッコリしていて不幸せなワケあるハズがない。

間違いなくどんなことにもプラスの要素は潜んでいる。要は見方だ。着眼点だ。
それを見つけることができる名人になりたい。


そして、僕は考える。

食欲があることは正常なコトだ。
おいしいものを食べるコトも、自分が幸せを感じるという点ですごいいいコト。
なおかつ、体に栄養を貯めることも、いつ来るともかぎらない急な食料危機に対応するためにもまた、
いいことなのかもしれない。

と。

そして僕は、自分の横っ腹に遠慮がちについてきた愛らしいお肉をキュッとつまみながら、
今日もぱくぱくと、若干いつもよりエンリョ気味にもお菓子を食べるのである。
Img20081129225308
ついつい熱くなりすぎて、早口になっちゃうような盛り上がる話をする機会が最近多い。
だんだんそんなコトを語れる友人もたくさん増えてきた。そして、そんな機会があるってコトがたいへんありがたく感じる今日この頃。
そういう、行動へと向かわせてくれるような、動機付けをくれるような、たくさんの刺激をくれる友人たちに心から感謝。
共に成長していくような、共に『今を生きている』ような、そんな感覚が好き。
共感できるコトってのは素敵だ。